卓上のレーザー彫刻機 ”blu7ive”

投稿者:

卓上のレーザー彫刻機 ”blu7ive”

レーザー彫刻機 ”blu7ive”はPCに接続してアプリケーションの操作でレーザー刻印が出来ます。

ステップ1:USBメモリーをPCに接続して「driver.EXE」をインストールしてください。そして、「Scarve」をPCにコピーしてください。

●接続口
①電源アダブタ
②データ コネクター

ステップ2:ケーブルを接続してください。
ステップ3:フォーカスを調整してください。光の点の直径を1mm以下にしてください。

アプリケーションと連動する簡単にレーザー刻印できるミニ彫刻機

●アプリケーションの操作
ステップ4:コピーしたファイル「Scarve」の中のScarve.exeをダブルクリックしてください。
ステップ5:プリントしたい画像を設計画面に入れてください。
①彫刻の大きさ。8cm☓8cmまで。
②白黒彫刻モード。
③保存して刻印画面へ。
ステップ6:刻印範囲を確認して、作業開始です。
①PCに接続する。(成功するとアイコンが緑になる。)
②刻印範囲を確認する。彫刻材料が刻印範囲を超えている場合は設計画面に戻り、もう一度範囲を設定してください。確認した後、もう一度クリックして停止してください。
③DIY開始!
以上は簡易操作です。アプリケーションの設定により、自分だけのDIY道具に作り変えましょう。

高出力1500mWレーザーヘッドを搭載!独特な設計を持つレーザー彫刻機

●レーザーヘッド:
色:紫色光
出力:1500mW
波長:405nm
素材:合金、ステンレス
特徴:彫刻スピードが早く、安定性も高い
ご注意
①彫刻する時、レーザーが高温になりますので触らないでください。
②彫刻直後に、内部の部品を触らないでください。
②連続動作は控えてください。放熱の時間が必要です。
●衝突防止/ゴム足:
手を傷つけないための洗練された設計です。彫刻する時、振動を吸収し、滑り止め機能もあります。

広範囲に対応!DIYの夢が叶う魔法のレーザー彫刻機

「彫刻材料」
●木材、プラスチック、竹、ゴム、PCB、皮革、紙などの可燃性物質にも彫刻できます。
●金属、ガラス、大理石等の材質は彫刻できません 。
●携帯電話ケース、マウス、ペン、名刺、財布、木製の櫛、手帳、小型の木製フレーム、フルーツの皮、印鑑等、自分だけの”モノ”作りに最適です。
商品仕様:
カラー:ブラック
サイズ:152 ☓ 163 ☓ 140 mm
素材:ABS樹脂
重量:590g
レーザーヘッド仕様
カラー:ブラック
サイズ:45☓28☓25mm
レーザー出力:1500mW
刻印範囲:80☓80☓800mm
波長:405nm
素材:合金、ステンレス
レーザー種類:日亜化学工業青紫色光
解像度:512 ☓ 512pixels
パッケージ内容:
レーザー彫刻機本体:1
ACアダプター:1(PSE認証済み)
USBケーブル:1
USBメモリー:1
レーザー遮光フィルター:1
日本語/英語取扱説明書:1

●対応OS:Windows 7 / 8 / 10 / XP(Unix、Linux、Apple には未対応)
●画像フォーマット:JPG/GIF/BMP/DIB/ICO/CUR/PNG

ネジ回し:1、ビス+ナット:5
彫刻用サンプル木片:4

ご注意
●産業用のレーザー加工機ではありません。
●レーザー光を人や動物に向けたり、目に照射しないで下さい。
●およそ30分間の使用後、5分ほど装置を止めて冷却して下さい。
●金属、ガラス、大理石等の材質には彫刻できません。
●壊れる可能性があるため、無理に装置を止めないで下さい。停止したい場合は、装置の停止ボタンかソフトウェアの停止ボタンを押してください。
●14歳未満の方は使用できません。
●装置の角で怪我をしないようにお使いください。
●PCのUSB端子から電源を供給する場合、パワー不足で動作しない時があります。その時は、アダプター(5V 2A  3.5mm ACアダプター)をご利用ください。
●出荷時のレーザーのフォーカスはサンプルの木片の高さに調整しています。他の高さで利用する場合、手動でフォーカスを調整して下さい。
●刻印パワーは100%にして下さい。深く刻印する場合、刻印時間を長くしてください。
●手動のフォーカスは、フォーカスキャップをひねり、光の点が小さくなるよう調節して下さい。
実際に使用したレポートはこちらの記事「おススメ!!レーザー加工機ご紹介①」「【動画】レーザー彫刻機 〜どらやきに絵を描く〜」をどうぞ。「え!?こんなこと、できるの!」と驚かれること間違いなしです。

“問い合わせはこちら”