「ワイドな空間認識能力! 3D測域センサ新発売!!」

投稿者:

独自のセンシング技術で、工場などの省力化(オートメーション)に貢献する産業用センサメーカの北陽電機株式会社(大阪市中央区)は、モータと共振ミラーを用いて3次元計測が可能な測域センサ「YVT-35LX」を10月に発売します。測域センサとは、レーザ光をスキャニングし、反射光により検出物までの距離を測定する、空間認識能力を持った距離測定センサであり、LiDAR(Light Detection and Ranging)とも呼ばれています。測域センサは自律走行ロボットの周囲環境認識やAGV(産業用無人搬送台車)の走行制御に欠かせない存在となっていますが、最近では、鉄道のホームドアにおける居残り検知や、人の動きに合わせて映像演出を変化させるインタラクティブコンテンツにも使用されており様々な業界から注目を集めています。
この度、新発売する新製品YVT-35LXは、3次元の計測により、立体的に形状認識をしたいというニーズに応えるために開発を進めてきました。YVT-35LXでは、水平方向210°垂直方向40°の広範囲に光をスキャニングし、独自の光学技術により、レーザーセーフティClass 1の条件で、検出距離35m(前方方向)と長距離性能を実現しています。単一方向のレーザ光で複数の距離データを取得するマルチエコーと呼ばれる独自機能により、雨や霧などの悪環境下においても対象物までの測距データを取得することができます。また、レーザ光を自発光し、反射によって測距しているため、暗闇環境でも精度良く検出が可能であり、屋内外を問わず使用できます。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目