全方向移動機能を備えたクローラー移動機構の自動走行システムを開発

投稿者:

写真:農業用クローラーロボット試作機

トピー工業株式会社(本社:東京都品川区、社長:高松 信彦、以下「トピー工業」)は、このたび、高い走行性能と前後左右の移動機能を持つクローラー移動機構「OMNICRAWLER(オムニクローラー)」の自動走行システムを開発いたしました。今後、この自動走行システムを搭載したクローラーロボットを、さまざまな用途に応用展開してまいります。一般のクローラー移動機構は、広い接地面積により高い推進力を得られるため、悪路での走破に対応できるとともに、段差を乗り越える能力を有しておりますが、狭隘部における方向転換では何度か切り返しをする必要がありました。「OMNICRAWLER」は、前後方向のクローラーベルトに左右方向の回転機構を組み込んでおり、狭い場所でも方向転換ができ、高い不整地走行性能と効率的な方向展開機能を兼ね備えています。また、このたび開発した「OMNICRAWLER」の自動走行システムは、走行ルートに設置された、基準となる固定ポールをレーザーセンサーにより検出することで、自機の現在位置を把握し、あらかじめ設定されたルートを正確にトレースして走行します。さらに、安全性を確保するための衝突防止機能や障害物回避のための自動ルート変更機能を備えています。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目