ルックスはそのままに機能を再設計 – パナソニック ロボット掃除機「RULO(ルーロ) MC-RS800」

投稿者:

パナソニックから10月30日に発売される「RULO MC-RS800」(以下ルーロ)。2015年3月に初代が発売され、2代目を経た同社のロボット掃除機の最新機種だ。3代目となる新モデルでは、中身の構造を根本から設計し直すなど、大幅な刷新が図られている。

パナソニックのロボット掃除機「RULO MC-RS800」(ルーロ)

まずその1つとして挙げられるのが、小型カメラとレーザーセンサーの搭載。ロボット掃除機が走行中に自らの位置を把握しながら地図を作成して自走することができ、より効率的で精度の高い清掃を行うことを可能にする、”SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)”と呼ばれる機能で、他社のロボット掃除機でもすでに採用されている製品がいくつか存在する。今回はこれに加え、Wi-Fi機能も搭載し、スマートフォンのアプリと連携して遠隔操作などの拡張機能が使えるようにもなっている。現在のロボット掃除機市場においては、まさに”全部入り”とも言えるような最新技術が満載されたかたちでリニューアルされた新製品となったが、本体サイズや形状は、従来製品から基本的に変わっていない。同じ寸法・形状のものに、より多くのものを詰め込まなければならないことが物理的に簡単ではないことは素人目にも歴然だ。開発を担当したメンバーである、パナソニック アプライアンス社 ランドリー・クリーナー事業部 クリーナー事業 クリーナー商品企画課の川島抽里氏は、3世代目のルーロをここまで大きく刷新した理由を次のように明かした。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目