一般道や市街地での自動運転の実現に貢献する3D-LIDARセンサーを開発

投稿者:

オムロン オートモーティブエレクトロニクス株式会社(以下、OAE)は、車の周囲の状況を高精度に計測し、一般道や市街地での自動運転の実現に貢献する3D-LIDAR(3Dライダー)を開発した。2020年の量産開始を目指すという。現在、車の前方検知用センサーとして主流となっているカメラやミリ波レーダーは、天候や検出物体の性質の影響を受けやすく、ポールや縁石など障害物の多い一般道や市街地での自動運転の実現には、車の周辺状況を高精度に検知できるLIDARセンサーの併用が不可欠とされている。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目