製造ラインの温度や橋梁の歪み等、多地点で異常を瞬時に検出するIoTの「光ファイバーセンサー」評価キットを提供開始

投稿者:


光ファイバーセンサー装置

OKIは、製造ラインや橋梁などの社会インフラ設備における多地点での温度・歪みのリアルタイム分布測定を可能とした「光ファイバーセンサー」評価キットを10月20日より提供開始します。OKI独自開発の新技術を採用した本評価キットは、1m間隔での広範囲な分布測定を可能とし、瞬時の異常検出により、製品の品質向上や社会インフラの安全に貢献します。昨今、センシング技術の発達でIoT(Internet of Things)システムの市場が急速に拡大するなか、製造ラインや工場内の温度監視、橋梁や道路などの社会インフラ監視において、長距離・広範囲で温度・歪みをリアルタイムに計測することで、製品品質の向上や、安全・安心な社会の実現への貢献に対する期待が高まっています。しかし、これまでは広い測定範囲に多くの電気式センサーを設置し、情報を収集する方法が一般的で、ネットワークを含めた機器の導入および設置に膨大なコストがかかっていました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目