カメラ画像とレーザー距離センサーを融合し、人・車両・設備の動きを可視化する「モーションマッピング技術」を開発

投稿者:

OKIは、複数のカメラ画像とレーザー距離センサーを組み合わせたセンサー融合技術により、監視エリア内の人・車両・設備の動きを可視化する「モーションマッピング技術」を開発しました。「モーションマッピング技術」は、各センサーを融合することにより環境変化に影響されることなく、監視エリア内における現場状況を認識し、現場での安心・安全・生産性の向上をサポートすることが可能となります。今回開発した技術を用いて、飛島建設株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:乘京正弘 以下、飛島)と共同で「現場監視サポートシステム」の開発・実証実験を行い、2018年度の商品化を目指します。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目