光で抗菌作用をコントロールできる 銀ナノ粒子を開発

投稿者:

(概要説明)
銀は様々な細菌の増殖を抑制する抗菌効果を持ち、特に薬剤耐性菌に対しても抗菌作用を示すため、抗生物質が効かない感染症にも効果があると期待されています。銀は、銀イオンあるいは銀ナノ粒子の形で抗菌剤として用いられますが、銀ナノ粒子は不安定で、その抗菌作用がすぐに失われてしまうという欠点がありました。

今回、熊本大学の新留琢郎教授、慶應義塾大学の寺川光洋准教授、大日本塗料株式会社の溝口大剛博士らの共同研究グループは、銀ナノ粒子を金でコーティングし、銀ナノ粒子の安定性高めると共に、パルスレーザー光を照射することで、その抗菌作用をコントロールできる技術を開発しました。光照射部位のみで抗菌作用を発揮させることができる本技術は、薬剤耐性菌対策や感染症治療への応用が期待できます。本成果は、平成29年10月11日(水)に英国王立化学会の科学雑誌「Nanoscale」に掲載されました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目