パイオニアの「3D-LiDAR」、自動運転システムの「Autoware」に対応

投稿者:

パイオニアは11月30日、開発を進めている走行空間センサー「3D-LiDAR(Light Detection and Ranging)」がティアフォーの自動運転システム用オープンソースソフトウェア「Autoware」に対応したと発表した。この対応は、ティアフォーが「3D-LiDAR」の信号を処理するためのドライバソフトウェアを開発したことで実現した。

「3D-LiDAR」は、遠方の物体までの高精度な距離の測定や、物体の大きさを検出できるセンサーで、物体形状の把握も可能なため、自動運転に不可欠なキーデバイスである。
パイオニアは9月7日、MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)ミラーを用いて、高性能で小型・低コストを実現した「3D-LiDAR」を開発し、国内外の自動車メーカーやICT関連企業などへサンプルを供給していた。今回、自動運転システム用のオープンソフトウェア「Autoware」に対応したことにより、より多くのメーカーでの実証実験が加速されるであろう。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目