コンチネンタル、新開発ライダーをCES 2018で公開予定

投稿者:

コンチネンタルは2018年1月、米国ラスベガスで開催されるCES2018において、新開発の高解像度3Dフラッシュライダーを初公開する。車両の全周囲を検出する能力は、自動運転における基礎的な必要条件。その鍵となるコンポーネントが、3Dフラッシュライダー。コンチネンタルの新開発フラッシュライダーが、「HFL110」。近距離検出を目的として開発され、視野角120度内で毎秒30回の高解像度3D点群を生成する。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目