中国初の大気環境観測国家実験室の建設始まる-レーザーレーダー大気観測等の技術

投稿者:

一連の高感度観測・探査コア技術に特化する、中国初の大気環境観測国家プロジェクト実験室「大気環境汚染観測先進技術及び装備品国家工学実験室」の建設が24日、安徽省合肥市で正式に始まった。新華社が伝えた。国家発展改革委員会が同実験室の設立を批准した。これは中国の大気汚染環境観測分野で唯一の国家級工学実験室で、中国環境工学科学技術革新体制における重要な構成部分、合肥総合性国家科学センター4大研究分野の環境分野の建設内容でもある。

合肥市人民政府と中国科学院合肥物質科学研究院が調印した戦略協力協定によると、同実験室は合肥市蜀山経済技術開発区に入居する。建設期間は3年で、チームの固定的なメンバーは100人以上に達している。既存の研究開発・試験条件を踏まえた上で、大気環境自動オンライン観測設備、大気環境リモートセンシング観測設備、大気環境観測設備の検査などの実験プラットフォームを建設する。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目