速度違反車をどこでもレーザー計測・撮影

投稿者:

事故防止へ 持ち運び型導入

静岡県警は、持ち運び可能な新型の速度違反取り締まり装置を導入し、静岡市内で一日、装置を用いた初の取り締まりを実施した。装置は「計測」と「撮影」の一体型で、違反車を止める場所がない狭い路地でも使用できる。住宅地の生活道路で目立つ高齢者や子どもの被害防止につながりそうだ。

静岡県警が導入したのは東京航空計器(東京都町田市)製の「可搬式速度違反自動取り締まり装置」一台。重さは二十五キロで、パトカーでの運搬が可能。三脚を用いて路肩に設置し、レーザー光を連続して車に当てることで速度を計測する。超過が分かれば直ちに内蔵されたカメラで車を撮影し、後日ドライバーに出頭を求める。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目