【量子情報科学研究所】従来の量子受信機ではレーザー光の最適識別が不可能な場合があることを解明

玉川大学量子情報科学研究所(所長:相馬正宜)の中平健治教授と加藤研太郎教授、愛知県立大学の臼田毅教授が、従来の量子受信機(逐次型受信機)に対する新たな性能解析法を確立し、本受信機ではレーザー光の識別において必ずしも最適性

続きを読む »

超高圧の光で加熱された物質が、光を押し戻す条件を理論的に発見(高強度レーザー照射で解明)

研究成果のポイント ・高強度の光と物質の相互作用において、物質が星の内部に匹敵する超高圧のプラズマ状態に加熱され、プラズマの表面張力が光を押し戻すという概念を提唱。 ・これまでの高強度レーザーのエネルギーでは、光に匹敵す

続きを読む »

構造物の損傷を非接触で高精度に検知するシステム(レーザーアブレーショを利用)を開発

芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人)機械機能工学科の細矢直基准教授と、北海道大学(北海道札幌市/総長 名和豊春)大学院工学研究院の梶原逸朗教授らの研究グループは、構造物の損傷を非接触で高精度に検知するシステムを開発

続きを読む »

中国で“宇宙に穴が開くレベル”のスーパーレーザー(出力5300兆ワット)爆誕! 「真空の崩壊」を招いてガチ世界消滅の危機!

中国・上海の実験室で世界一強力なレーザーが作られた。病気の治療、建築物の非破壊検査、次世代の粒子加速器の開発につながるといわれ、世界中で開発競争が進んでいる。だがその一方で、研究の進展が「真空の崩壊」を招く可能性もあると

続きを読む »

蒙古斑はお尻だけじゃない!? 基礎知識と「異所性蒙古斑」のレーザーによる対処法

日本人なら、生まれたての赤ちゃんのお尻が青くなっていたからといってビックリする人はいないだろう。なぜなら、ほとんどの赤ちゃんが青いお尻を持って生まれてくるからだ。今回はおなじみの蒙古斑について改めて調査してまとめてみた。

続きを読む »