LiDARセンサーでアステカのライバル「プレペチャ王国」の都市を発見。約4万の構造物、施設配置に特徴

自動運転車の空間認識を司るLiDARセンサーは、いま考古学者にとって画期的なツールになりつつあります。今月はじめには古代マヤ文明の構造物群発見をお伝えしたばかりですが、今度は西暦900年ごろメキシコ南西部に栄えたプレペチ

続きを読む »

テラドローン:日本コムシスとレーザー搭載ドローンを用いて太陽光発電所開発予定地の3次元測量を実施

◆対象施設:神奈川県内 ◆測量規模:13ha ◆作業体制:4名 (ドローン・測量技術者) ◆実施日数:2日間 現場は急勾配で密集した森林地域。従来手法では、森林内部まで立ち入り入念な現場調査を行い、さらに測量のために森林

続きを読む »

千葉大発のドローンスタートアップACSLが21億円を資金調達(レーザースキャン3Dマッピング機体等も開発・販売)

空撮などで主に使われる一般向けの民生用ドローンでは、安価な中国製の製品が世界的にもシェアを取っているのが現状だ。そうした中で、土木建築現場での点検や測量・測地、物流・宅配といった産業用途に特化した国産ドローンを開発するの

続きを読む »