LiDARセンサーでアステカのライバル「プレペチャ王国」の都市を発見。約4万の構造物、施設配置に特徴

自動運転車の空間認識を司るLiDARセンサーは、いま考古学者にとって画期的なツールになりつつあります。今月はじめには古代マヤ文明の構造物群発見をお伝えしたばかりですが、今度は西暦900年ごろメキシコ南西部に栄えたプレペチ

続きを読む »

テラドローン:日本コムシスとレーザー搭載ドローンを用いて太陽光発電所開発予定地の3次元測量を実施

◆対象施設:神奈川県内 ◆測量規模:13ha ◆作業体制:4名 (ドローン・測量技術者) ◆実施日数:2日間 現場は急勾配で密集した森林地域。従来手法では、森林内部まで立ち入り入念な現場調査を行い、さらに測量のために森林

続きを読む »

構造物の損傷を非接触で高精度に検知するシステム(レーザーアブレーショを利用)を開発

芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人)機械機能工学科の細矢直基准教授と、北海道大学(北海道札幌市/総長 名和豊春)大学院工学研究院の梶原逸朗教授らの研究グループは、構造物の損傷を非接触で高精度に検知するシステムを開発

続きを読む »