(Lidar搭載)未来のクルマはウィンドウがないからワイパーレスになる!? ソニーが手がけたEVを出展!!

投稿者:

ソニーは、ワイヤレスジャパン2018にリチウムイオン電池を搭載した電気自動車(EV)の「ニューコンセプトカートSC-1」を出展した。ボディサイズは、全長3140 × 全幅1310 × 全高1960mmで、トヨタ「コムス」よりも大きく、軽自動車規格よりも小さいサイズとなっている。SC-1は、ニューコンセプトカートという名前の通り公道を走るわけではなく、公園やテーマパーク内を巡回するようなことを想定したEVなのだ。

SC-1の特長は、人の視覚能力を超えるイメージセンサーを車両前後左右に搭載していること。そのため、人が視認しながら運転する一般的な自動車と異なり、360度全ての方向にフォーカスが合された映像で周囲の環境を把握できる。さらに、搭載したイメージセンサーの超高感度な特性と、内部に設置された高解像度ディスプレイにより、乗員が夜間でもヘッドライトなしに視認できることだ。また、一般的な量産車には当然存在するフロントガラスがない。つまり、これまでのクルマには当たり前のようについているワイパーやデフロスターなども一切不要なのだ。霜が降りたり、雪が降ったりするとフロントガラスのメンテナンスが必要になるが、このようなシステムが量産モデルに搭載されればそのような手間は一切なくなりそうだ(カメラのメンテナンスは必要だが)。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目