(レーザー関連)肺末梢病変のより確実な検体採取をサポート/ディスポーザブル吸引生検針「PeriViewFLEX」を発売

投稿者:

オリンパス株式会社(社長:笹 宏行)は、気管支鏡を用いて肺末梢部の検体を採取する際に使用するディスポーザブル吸引生検針「PeriViewFLEX」を2019年2月8日(金)から国内で発売します。

本製品は、「EBUS-GS法」や「EBUS-UT法」という手技で使用する針(処置具)です。これらの手技は、従来の気管支鏡(極細系気管支鏡を除く)が届かない肺の末梢部に存在する病変の検体を採取するために行われ、主に生検鉗子などの処置具が使用されています。採取した検体は病理診断を行い、分子標的薬治療や免疫療法の適用など、今後の治療方針を決定します。今回発売する「PeriViewFLEX」は、EBUS-GS法・EBUS-UT法の両手技に使用できる針です。柔軟性が高いため、病変へのアプローチ性の向上に寄与します。外径を細くしつつ、検体採取に必要な内径を確保したことで、より確実な手技の実施をサポートします。

発売の概要
発売予定日 販売名
ディスポーサブル吸引生検針 NA-403D
(愛称:PeriViewFLEX:ペリビューフレックス)
2019 年 2 月 8 日(金)

主な特長
1. 針の外径を細くしたことにより、組み合わせ機器の選択肢拡大に寄与
2. 細径ながら十分な内径を確保したことにより、確実な検体採取をサポート
3. 高い柔軟性により、病変へのアプローチ性向上に寄与

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目