「知の拠点あいち」重点研究プロジェクトにおいて テラヘルツ波による食品製造工程用の異物検査装置を開発

愛知県は、公益財団法人科学技術交流財団に委託して、大学などの研究シーズを企業の実用化・製品化につなげる産学行政連携の共同研究開発プロジェクト『「知の拠点あいち」重点研究プロジェクト』を実施しています。このたび、「食の安心

続きを読む »

ビート・クラフト、レンズを使用しない顕微鏡である世界最小のLFIを東京農工大学と共同開発

株式会社ビート・クラフト(東京都墨田区、代表取締役:竹本正志、以下「ビート・クラフト」)は、デジタルホログラフィーと画像再構成技術をもとに、レンズ、ミラー、ビームスプリッターなどの光学部品を使用しない顕微鏡である世界最小

続きを読む »

3Dレーザーによる『審判支援システム』 富士通と国際体操連盟が提携。 2018年カタールでテスト使用も。

2017年10月2日~8日、第47回世界体操競技選手権大会がカナダで開催された。白井健三選手や村上茉愛選手の金メダルに大いに沸いた今大会だが、同時に、これからの体操競技に大いに関わる技術の開発が進展している。 システムイ

続きを読む »

2017年ノーベル物理学賞受賞。レーザー干渉計LIGOを用いた重力波観測への多大なる貢献

*2017年度ノーベル物理学賞受賞者 レーザー干渉計によって重力波を検出する方法を提案したレイナー・ワイス博士。天体現象から放出される重力波をモデル化し実際に観測された時の解析手法の開発に貢献したキップ・ソーン博士。初期

続きを読む »