「スマート農業」作業省力化、コスト削減へ (レーザー式センサーを活用)

投稿者:

深刻な高齢化や担い手不足への対応が迫られている日本の農業。そこで注目を集めるのが、次世代の農業といわれる「スマート農業」だ。情報通信技術(ICT)やロボット技術などを活用して農作業の省力化やコスト削減を図る。測量やGPS関連のITシステムを手がけるトプコンもスマート農業に取り組む企業の一つ。衛星情報を用いた精密測位技術と電動ハンドルによって、トラクターや田植え機などの操作中の負担を大幅軽減する自動操舵(そうだ)システムのほか、レーザー式センサーで作物の育成状況を分析し、リアルタイムで肥料の散布量を自動調整するシステムなども展開する。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目