MEMSミラー方式「3D-LiDAR センサー」 の提供を開始

パイオニアは、MEMSミラー方式で計測距離が異なる「3D-LiDARセンサー」3種4モデルの提供を、9月下旬より順次開始します。3D-LiDAR センサーは、レーザー光で対象物までの正確な距離を測定し、遠方や周辺の状況をリアルタイムかつ立体的に把握できるため、レベル3以上の自動運転の実現に不可欠なキーデバイスと言われています。当社は、2020年以降の量産化を目指し、高性能で小型かつ低コストな3D-LiDARセンサーの開発を進めており、昨年の9月以降検証用サンプルを国内外の企業に提供しました。このたび提供を開始する3D-LiDAR センサーは、駆動部のないMEMSミラーを用いたラスタースキャン方式で、長距離測定用の「望遠タイプ」、中距離用の「標準タイプ」、近距離用の「準広角タイプ」と計測距離の異なる3種類を揃えています。また、標準タイプには3D-LiDARセンサーを2台組み合わせた計測幅の広い「デュアルタイプ」も用意しています。使用用途に合わせて異なるタイプを組み合わせることも可能で、車両など実際に使用する環境に設置して動作検証を行えます。当社は、自動車関連やICT、その他幅広い業種の事業者様向けに本機を提供し、さまざまなニーズにおける仕様などの検討を行うとともに、本機を用いてより精度の高い物体認識アルゴリズムおよび自車位置推定アルゴリズムの開発を進めます。早期に実現が見込まれる限定エリアでの自動運転レベル4向けの車両や、その先の一般道での自動運転レベル3向け車両への搭載および次世代 GISサービスなどへの活用を目指します。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目