(株式会社光響オリジナル製品)「UVレーザーマーカーキット」の販売を開始

 このたび株式会社光響(代表取締役 住村和彦、本社 京都府京都市)は、Ndレーザーを光源として用いた「UVレーザーマーカーキット」の販売を開始致しました。本製品は、レーザー発振器、ガルバノスキャナーミラー、fθレンズ、マーキングソフトで構成されるシンプルな設計で、主な用途として、無機系素材に対するマーキング使用が想定されます。構造を単純化することで UVレーザーマーカーとしては、競争力ある298万円(税抜き)の低価格を実現しました。家庭用コンセント(AC100V)で稼働し、ランニングコストは電気代のみで、マーキングが可能です。

 本製品は、「ファイバーレーザーマーカーキット」の姉妹品の位置付けとして設計・開発されました。短波長レーザーを光源として用いることで素材への熱損傷を抑え、より高品質な微細マーキングを実現しています。試作品の製造・開発の他、小ロット量産にも利用可能です。

https://www.symphotony.com/processing/uvmkkit/

 光響では、今後も光産業の活性化に貢献し、光技術による 5 大革命(情報革命・医療革命・食料革命・環境革命・エネルギー革命)の促進を支援して参ります。