(レーザー関連)AI技術を活用したニューマチックケーソン工法における掘残し幅計測システムを開発~ケーソン函内の刃口と土砂の境界を正確に判別~

投稿者:

鹿島(社長:押味至一)は、三菱電機株式会社(執行役社長:杉山武史)、三菱電機エンジニアリング株式会社(東京都千代田区、社長:永友秀明)と共同で、ケーソン函内における刃口、土砂の境界及び掘削状況を函外から遠隔で正確に把握できる、ケーソン掘残し幅計測システムを開発しました。本システムを適用することで、ケーソン内へ入出函することなく、掘削状況をリアルタイムかつ定量的に把握することが可能となり、潜函作業員の安全性と作業効率の大幅な向上を実現します。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目