光刺激で iPS 細胞を神経細胞に分化させる技術を開発

投稿者:

発表のポイント:
◆CRISPR–Cas9 システム(注1)を用いてゲノムにコードされた遺伝子(注2)の発現を強力に光操作する技術を開発しました。
◆iPS 細胞から神経細胞への分化を光操作することに成功しました。
◆様々な細胞機能や生命現象の光操作への応用が期待されます。

発表概要:
東京大学大学院総合文化研究科の二本垣裕太大学院生(現ジョンズホプキンズ大学 医学部 細胞生物学科博士研究員)、古旗祐一大学院生、小田部尭広特任研究員、長谷川早紀大学院生、吉本敬太郎准教授、佐藤守俊教授らの共同研究グループは、CRISPR–Cas9 システムを用いてゲノムにコードされた遺伝子の発現を強力に光操作する技術を開発することで、iPS 細胞を神経細胞へ光刺激で分化誘導することに成功しました。従来の光操作技術では転写活性化の効率が低いため、増殖や分化といった細胞機能を光で制御する応用への妨げとなっていました。この新技術により、iPS 細胞から神経細胞への分化だけでなく、様々な細胞機能や生命現象の光操作に関する応用が大きく広がることが期待されます。本研究成果は、米国科学誌「Nature Methods」(電子版:英国時間 9 月 11 日(月))に掲載されます。本研究成果は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の大学発新産業創出プログラム(START,注7)「CRISPR–Cas9システムを光制御するゲノムエンジニアリングツール」(研究代表者:佐藤守俊 教授)および同戦略的創造研究推進事業(CREST,注8)「光の特性を利用した生命機能の時空間制御技術の開発と応用」(研究総括:影山龍一郎 京都大学ウイルス・再生医科学研究所教授)における「ゲノムの光操作技術の開発と生命現象解明への応用」(研究代表者:佐藤守俊 教授)の一環として得られました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目