【中国発】レーザー・アサルトライフルが実現か!?肌が炭化するという噂のその威力や如何に!

投稿者:

各国で開発が進むレーザー兵器だが、その大半は対ミサイルやドローン、或いは車輛や艦船や航空機といったものを目的としているが、対人兵器としてのレーザーが完成間近、という情報が流れている。空想科学世界では、コンビニで買えるんじゃないかレベルで普及しているレーザー銃だが、現実世界ではその実現は当分先になるのではないかと思われていた。しかし、South China Morning Postによると、中国科学院の西安工学精密機械研究所が実用可能なレーザー銃の開発に成功したのだという。

警察が対テロリスト用として使用することを目的に開発されたこのレーザー銃は、口径15mm、重量3kg(名銃AK-47とほぼ同等)で完全に通常兵器のアサルトライフルと変わらないサイズだ。射程距離は800m。こちらも通常兵器と同じくらいと見ていいだろう。電源は携帯電話等に使われているリチウムイオンバッテリーを使用し、2秒間の照射を1000回行えるという。これはなかなかの長寿命だ。兵士が簡単に携行可能で、装弾数も豊富となれば、もう一つ気になるのはその威力の程だ。

西安光学精密機械研究所によると、レーザー銃は不可視光で無音の為、撃たれた場合には、知らない間に衣服に穴が開き、いきなり肌が炭化する。その激痛は我慢の限界を軽く凌駕するレベルだという。可燃性の衣服の場合は、火だるまになってしまうことも考えられる。しかも、射撃地点の特定も困難だ。また、軍事転用も可能で、飛行場のガスタンクを爆発させることが可能な威力を備えている、とのことだ。ただし、映画のように一撃で人体を貫通したり吹き飛ばしたりする威力はなく、数回の照射が必要になるようだ。対テロ用としても軍事用としても、充分すぎるほど性能を持ったこのレーザー・アサルト・ライフル「ZKZM-500」。驚きなのはこれだけではない。その価格は1丁当たり約166万円程度だというのだ。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目