反強磁性交換相互作用に起因するダブロン―ホロン間引力の発見 ~テラヘルツパルスを用いたモット絶縁体の電場効果の精密測定と理論解析~

投稿者:

1.発表者:

寺重翼
(研究当時:産業技術総合研究所 産総研・東大先端オペランド計測技術オープンイノベーションラボラトリ有機デバイス分光チーム 産総研特別研究員/東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻 客員研究員(現:株式会社キーエンス))

宮本 辰也
(東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻 助教)

貴田 徳明
(東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻 准教授)

伊藤 利充
(産業技術総合研究所電子光技術研究部門強相関エレクトロニクスグループ研究グループ長)

笹川 崇男
(東京工業大学科学技術創成研究院フロンティア材料研究所 准教授)

遠山 貴巳
(東京理科大学理学部第一部応用物理学科 教授)

岡本博
(東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻 教授/産業技術総合研究所
産総研・東大先端オペランド計測技術オープンイノベーションラボラトリ有機デバイス分光チーム ラボチーム長)

2.発表のポイント:
◆銅酸化物高温超伝導体の母物質であるモット絶縁体において、テラヘルツパルスを励起に用いたポンプ―プローブ分光法を適用し、
電場による光吸収スペクトルの変化を精密に測定することに成功した。

◆銅酸化物モット絶縁体では、光励起によって生成するダブロンとホロンは束縛状態(一種の励起子を形成するが、その束縛エネルギーがスピン間に
働く反強磁性交換相互作用によることを初めて実験的に実証した。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目