(レーザー関連)世界初、独自構造の炭酸ガスレーザー発振器搭載で、CFRP製品の量産化に貢献/三菱CFRP 用炭酸ガス三次元レーザー加工機「CV シリーズ」新発売のお知らせ

 三菱電機株式会社は、自動車などに使用される軽量・高強度の炭素繊維強化プラスチック(以下、CFRP※1)用レーザー加工機として、三菱CFRP用炭酸ガス三次元レーザー加工機「CVシリーズ」2機種を10月18日に発売します。世界で初めて※2発振器と増幅器を同一筐体に統合した炭酸ガスレーザー発振器と独自の加工ヘッドを搭載し、CFRP製品の高速かつ高品位の加工を実現することで、これまでの工法では困難だったCFRP製品の量産化に貢献します。
 本製品は、「MECT 2021(メカトロテックジャパン2021)」(10月20日~23日、於:ポートメッセなごや)」に出展します。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目