レーザー加工の精密パーツ。稼働可能な木製エンジン模型がKickstarterに登場。

星型エンジンと言えば20世紀前半に航空機や鉄道、船舶にも搭載され活躍したレシプロエンジンだ。その名の通り放射状に並んだシリンダーが特徴で、零戦や隼といった戦闘機、大西洋横断を成し遂げたリンドバーグの愛機「スピリット・オブ

続きを読む »

3DレーザープリンターでF22のパーツを成形し、メンテナンス状況が大幅に好転

クラッシックカーの希少部品や航空機エンジンのパーツが3Dプリントで製作され始めていることは以前にお伝えしたことがある。金型が不要で少数の製品を作ることが可能で、パーツ数の減少や経費削減にも貢献するこの技術は昨今ではなくて

続きを読む »

白じゃなかった恐竜の卵。レーザー分析により色付きだったことが判明。

スーパーで売っている鶏の卵。白より赤の方が栄養があるとか、実はそんなことは無くてどっちも変わらない、とか偶に卵の殻の色が話題に上る。鶏卵の赤玉白玉に限らず、同じくスーパーで見かけるウズラの卵はまだら模様だ。鳥の卵の殻が色

続きを読む »

露海軍フリゲートに搭載の非致死性兵器。効果は幻覚&嘔吐&視覚ダメージ+レーザー誘導妨害。

戦闘行為は必然的に人を殺傷する。 有史以来変わることなく続いてきたこの前提が覆されるかもしれない。 ロシアのフリゲート艦2隻に新型の非致死性兵器が搭載された。注目のその機能は、相手に幻覚や眩暈、気持ち悪さや吐き気、平衡感

続きを読む »

砂粒サイズのハエの脳を拡大画像化。レーザー光シートで大幅な時間短縮に成功。

マウスの脳ニューロン 脳の大きさは身体の大きさで決まっているわけではない。例えば、水族館で人気のジンベエザメの脳はあの巨体に反して驚きのピーナッツサイズだ。とは言え、自分の体より大きい脳味噌を持つことはどんな生き物にもで

続きを読む »

(レーザー関連)肺末梢病変のより確実な検体採取をサポート/ディスポーザブル吸引生検針「PeriViewFLEX」を発売

オリンパス株式会社(社長:笹 宏行)は、気管支鏡を用いて肺末梢部の検体を採取する際に使用するディスポーザブル吸引生検針「PeriViewFLEX」を2019年2月8日(金)から国内で発売します。 本製品は、「EBUS-G

続きを読む »

レーザーセンサーもSLAMも搭載。最新テクノロジーロボットは超癒し系。

ロボットの存在意義は人の役に立つことだ。人間が人間の役に立つように作りだしたのだから当然かもしれない。工場で精密作業をこなし、部屋を掃除し、最近では道案内をしたり配達業務に就いたり、コーヒーを入れたり綿飴やアイスクリーム

続きを読む »

詳細なCTスキャンデータ【CT生物図鑑】を更に3D造形。レーザー3Dプリントによる超精巧模型。

図鑑には夢と好奇心が詰まっている。 子供の頃には誰しも1冊くらいはお気に入りの図鑑があったはずだ。それは、恐竜図鑑だったり、動物図鑑だったり、星の図鑑や或いはキノコ図鑑、海の危険生物図鑑だったりしたかもしれない。ページを

続きを読む »