(レーザー関連)赤外線レーザーによるタンパク質の構造変化を金属錯体との複合化が促進することを発見

~病因タンパク質などを標的とした優れた構造破壊方法への応用を期待~ 研究の要旨とポイント 代表的なタンパク質であるヒト血清アルブミンを亜鉛錯体と複合化させると、赤外線自由電子レーザーの照射に対して、アルブミンの折りたたみ

続きを読む »

(テラヘルツ関連)テラヘルツ・コムを用いた高精度かつ汎用的な ガス分光装置を開発

◎ポイント →大気汚染の要因である揮発性有機化合物ガスを迅速に分析することが重要 →極めて正確で精緻なテラヘルツ・コムを用いた分光法(デュアル・テラヘルツ・コム分光法)は、揮発性有機化合物ガスの高精度分析に有用であるが、

続きを読む »