超高圧の光で加熱された物質が、光を押し戻す条件を理論的に発見(高強度レーザー照射で解明)

研究成果のポイント ・高強度の光と物質の相互作用において、物質が星の内部に匹敵する超高圧のプラズマ状態に加熱され、プラズマの表面張力が光を押し戻すという概念を提唱。 ・これまでの高強度レーザーのエネルギーでは、光に匹敵す

続きを読む »

中国で“宇宙に穴が開くレベル”のスーパーレーザー(出力5300兆ワット)爆誕! 「真空の崩壊」を招いてガチ世界消滅の危機!

中国・上海の実験室で世界一強力なレーザーが作られた。病気の治療、建築物の非破壊検査、次世代の粒子加速器の開発につながるといわれ、世界中で開発競争が進んでいる。だがその一方で、研究の進展が「真空の崩壊」を招く可能性もあると

続きを読む »

地上最大級の強磁場を使い光速電子の誘導に成功(レーザーによる粒子加速の効率化が期待)

研究成果のポイント 大阪大学発案である高強度レーザーで駆動した大電流をコイルに流す手法で、地上最大級であるキロ・テスラの超強磁場を発生し、レーザーで加速した相対論的電子ビーム(光速の電子群)の高輝度を保ちつつ長距離を誘導

続きを読む »