農業全自動の時代へ。Lidarやカメラ搭載ロボでリンゴやキャベツを収穫。

農作業はキツイ、辛い、腰が痛い。という時代は終わりを告げつつあるのかもしれない。他の多くの職業と同じように農業の世界にも自動化という波が着々とやってきているようだ。ドローンを使って最適な量の農薬を最適な場所に散布したり、

続きを読む »

レーザーセンサー搭載。アクティブでアピール上手、最新の植木鉢事情。

植物は良い。その緑の色だけで癒され香りで癒され、ゆっくりと成長する姿にもまた癒される。例えば、仕事場の殺伐とした雰囲気が観葉植物を配置するだけで幾分か和らぐことがある、なんて風に、そこにあるだけで何となく気持ちを落ち着か

続きを読む »

GPSもレーザーセンサーもスマホも搭載小型ロボ。農業の現場で活躍を期待。

農業=肉体労働のイメージは強い。きつくて辛くて天候に出来栄えを左右されがちという、若者がなんとなく避けたくなってしまう印象は否めない。しかし、最近の農業関連情報を見ていると、そういったよろしくないイメージが覆されつつある

続きを読む »

植物は自分が齧られる音を聞いている。レーザーで振動を計測、害虫を判別して防御行動をとっていた

音楽を聞かせると植物は良く育つ、とか、その音楽はモーツァルトを聴かせるべきだ、とか、罵り合う声を聞かせ続けるとサボテンはよりトゲトゲしくなる、とか、まぁ真偽の定かでないというか証明が難しい、有体に言って、眉唾物でしょ?と

続きを読む »