自動運転量産化に向けて戦国時代へ突入


◆5月シリコンバレーが業界全体にとってのキックオフ

世界各地で今夏、自動運転に関する大きな動きが相次いで発生している。そのキッカケとなったのは、米半導体大手Intelが5月にカリフォルニア州サンノゼ市で実施した自動運転ラボの開設だ。そのアドバンスド・ヴィークル・ラボ・イン・シリコンバレー(Intel Advanced Vehicle Lab in Sillion Valley)では、世界各国のメディアを集めて自動運転ワークショップ(Autonomous Driving Workshop)を実施した中で、自動運転用のプラットフォームを開発して自動車メーカー各社に供給することを明らかにした。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目