レーザー部品が大きく不足。Face ID機能は来年までAndroidデバイスには搭載されない見通し

投稿者:

部品が足りないなら、どうしようもなしです。iPhone Xの凹部、ノッチ(notch)をAndroidのメーカーたちがコピーしたところ不評を買いましたが、彼らが当分の間、コピーできないものがあるようです。それがFace IDです。ロイターの報道によると、Face ID的な機能を搭載したAndroidスマホは、2019年までマーケットには出てこない可能性が高いです。

というのも、Face IDを搭載するための3Dセンシング・カメラを作るのに重要な部品が大幅に不足しているようです。ロイターが取材したのは3Dセンシング技術を供給している三大サプライヤー Viavi Solutions、Ams AG、そしてFinisar Corp。Finisar CorpはアップルのFace IDの部品を作っているメーカーの一社でもあります。この部品が不足している事によって、「3Dセンシングは来年まで広範に普及される事はないだろう」というのが三社の共通認識。それまではAppleの独壇場となるわけですね…。

この入手困難な部品は「VCSELs」。「垂直キャビティ面発光レーザー」という部品で、極小のレーザーを何千も放射する、Face ID機能の中心的な部品です。Face IDのようなテクノロジーがiPhone以外のスマートフォンでいつ登場するかについてロイターに取材を受けた投資家向け広報部門のシニア・ディレクターであるBill Ong氏は次のように言っています。「3Dセンシングを導入する第二のスマートフォンメーカーは、今年の終わりに登場するかもしれません。しかしそれでも(マーケットに出る)量は非常に少ないでしょう。2019年には確実に1つか2つのAndroidのスマートフォンが3Dセンシング機能を持って登場すると思います」。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目