パイオニアの走行空間センサー「3D-LiDAR」が、NVIDIAの自動運転用ソフトウェア開発キット「DriveWorks」に対応

投稿者:

自動運転車やデリバリーロボットなど、自律走行システムにはLiDARが不可欠となりつつある。レーザー技術を使い、遠方の物体までの高精度な距離の測定や、物体の大きさを検出できるセンサーだ。物体形状の把握と認識も可能なため、クルマの周囲の道路、人、対向車、自転車、標識、信号などを検知し、距離を把握することができる。

LiDARは「目」の役割をする。暗いところでも道路や物体を認識できて、距離を高精度に把握できる(※画像はすべてパイオニアのコンセプト動画より抜粋)

「3D-LiDAR」は、物体検知、自動運転用地図、自車位置推定などに役立つ

LiDARの開発を行っているパイオニアは、NVIDIA Corporationとの協業において、同社が開発を進める「3D-LiDAR」が、NVIDIAの自動運転用ソフトウェア開発キット(SDK)、「NVIDIA DriveWorks」の対応製品となったことを発表した。パイオニアは2020年以降の量産化を目指し、高性能で小型、軽量、低コストな「3D-LiDAR」の開発を進めており、昨年9月から国内外の自動車メーカーや ICT 関連企業などへ「3D-LiDAR」のサンプル出荷を開始している。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目