脳の活動を調整し疾患に対処する細胞サイズのポリマービーズを使った「マイクロレーザー」を開発

投稿者:

科学者たちは、この長い間、レーザーの小型化を進めてきました。しかし、ローレンス・バークレー国立研究所の最新の発明は、ちょっと特別です。これが医療に大変革をもたらすかも知れません。同研究所の国際研究チームは、赤血球よりも小さな「マイクロレーザー」を開発しました。彼らは、幅5ミクロンのポリマーのビーズとエキゾチック・ナノパーティクル(ツリウムを注入したナトリウム・イットリウムフッ化物)の混合物に赤外線を当てると、特定の波長で安定した明るい光を発することを発見しました。この混合物は、ビーズの表面の内側で光を反射させ、衝突を繰り返すうちに光が増強されます。適正に音響効果が設計された広い空間では、遠くの小さな音も聞こえるという「ささやきの回廊」現象に似ています。

まだ荒削りな段階ですが、ビーズのレーザーは、血液の中や、その他の純粋ではない環境下でも、少なくとも連続5時間使用できます。光が急速に消えるわけでもありません。数カ月、または数年経ってからビーズを棚から取りだしたときに、まだレーザーとして機能していたとのことです。さらに、ビーズを光らせるのに使用した赤外線を再び当てれば、レーザーが復活します。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目