(レーザーダイオードモジュール)世界最高出力のファイバアンプ励起用光源を開発

投稿者:

アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、EDFAおよびFRAの励起用光源として使用される650mW高出力/低消費電力版1.48μm FP LDモジュール/1.4μm FBG LDモジュールを開発し、7月2日から量産出荷いたします。今回商品化した光源(LDモジュール)は、ファイバアンプ励起用として世界最高となる650mWの光出力を実現しました。環境性能にも優れ、総消費電力は15.5W以下という低消費電力で使用できます。映像配信市場向けEDFAや長距離100G/400Gデジタルコヒーレント伝送用FRAでは、急増しているデータトラフィックへの対応や光ネットワークの長距離化を効率よく行うために、ファイバアンプ励起用LDモジュールのさらなる高出力化、低消費電力化が課題となっています。アンリツは、新開発のLDモジュールによりこの課題解決に貢献し、長距離ネットワーク伝送のさらなる効率化に貢献いたします。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目