スイスでリアルタイム花粉情報システム導入。レーザーで花粉データを収集し分析。

日本人の罹患率4割、という恐怖の病がある。
主に春先に猛威を振るい人によっては秋に苦しむこともあるが、惨いことに年間を通して症状に苦しまなければならいという患者もいる。現れる症状は、クシャミ、鼻水、鼻詰まりに目の痒み。それに伴う肩こり、頭痛、睡眠不足。今まで全く大丈夫だったのに今年になってから突然発症、なんてことも有り得るこの病気は、そう、【花粉症】だ。

言うなればアレルギー症状の一種なわけだが、ならない人には分からない、なった人には切実に分かるこの苦しみは、その罹患率も相まって最早もく国民病と言っても差し支えのないレベルに達しつつあるという状況だ。

しかもこの花粉症、日本特有の病ではない。恐ろしいことに海外でもこの鬱陶しく忌々しい症状が人々を苦しめているというのだ。カナダ、アメリカ、ロシア、スペイン、南アフリカ等、大体国民の2~3割程度が日本でもお馴染みの症状に苦しんでいる。原因となる木は日本のように杉や檜ではなく、白樺やウォールナッツ、ヘーゼルナッツにカエデ、ミモザ他色々と意外性のある植物も原因となっているそうだ。それにしても、カナダで国民的な樹木、カエデの花粉症になってしまったカナダ人は、何とも複雑な気分なのではないか、と違う方向からも心配になってしまう。世界各国で人々を苦しめるこの花粉症に対し、スイスが新たなシステムの導入を決めた。

国立スイス気象台(メテオ・スイス)は、2023年から全自動花粉モニターシステムの導入することを発表した。これは世界初の試みだ。

スイスも花粉症に悩まされる国の一つだ。1月のヘーゼルナッツに始まり、2月はハンノキ、3月はヤナギ、白樺、ポプラにトネリコ、その後プラタナス、ブナ、ナラ、芝、ヨモギ等々、延々と花粉飛散シーズンが続く。因みに日本でもお馴染みブタクサ花粉シーズンもある。下にヘーゼルナッツとポプラ花粉の写真を載せてみたが、どちらもなんとも言えず目鼻にダメージを与えてきそうな風情を醸し出している。日本国内でも北海道あたりではポプラ花粉症を患う方は多いようだ

こういう事情もあってか、スイスの花粉情報分野はヨーロッパ諸国でトップクラスとなっている。
既に2010年から5つのリアルタイム花粉計測システムの試験を行っており、そのうちの2つは、レーザーで花粉の大きさや粒子の形等のデータを集め、別のレーザーが粒子を蛍光色に照らしてその構造を明らかにするものだ。他には、飛散している花粉の画像をレーザー写真で記録し、AIやアルゴリズムが粒子の形状、サイズ、組成等の情報から花粉の種類を特定する計測システムをツェルンに設置している。
現在のスイスでは、全国15カ所で週一回花粉を収集し、それを人力で検査して濃度を測定しているそうだが、そのタイムラグは2日~9日、と花粉症患者からしてみれば何の役にも立たない情報と成り果てている。しかも、花粉症による病欠や作業効率の低下による経済的損失は、年間10億~35億フランにも上るとされており、花粉はできる限り早期の対策が期待されてきた問題でもあるのだ。

この全自動花粉モニターシステムが導入されれば、花粉症患者は、濃度の高い場所に行かない、飛散量が多い日は外出を控える等、自分で正しい対策を打てるようになるだけでなく、医療関係者や製薬会社の関係者、気象学者等もデータを利用することができるので、そちらの面からも適切な対処が可能になるのではないかと期待されている。気になる設置費用は、300万~400万フラン。花粉症による推定年間損失額と比べると安いものだ。新システム導入は、2023年を予定しているとのこと。それまで、スイスの花粉上患者の方は、暫し我慢の年が続きそうだ。

最後に、日本のスギ花粉症患者の方々にお知らせだ。
スイスには基本的に杉の木が無いそうだ。スイスに移住すれば毎年訪れる鼻水の苦しみから逃れることができるかもしれない。尤も、他のスイス既存の花粉症を発症してしまう羽目にならないとは言い切れないが。

参考
*swissinfo.ch
https://www.swissinfo.ch/jpn/society/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E6%B0%97%E8%B1%A1%E5%8F%B0_%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9-%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%88%9D%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E8%8A%B1%E7%B2%89%E8%A8%88%E6%B8%AC%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%82%92%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%B8/44404040

*スイス情報
http://tabimap.net/sws/?p=44

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/91/Cryptomeria_japonica-Male_flower.jpg/300px-Cryptomeria_japonica-Male_flower.jpg (Top画像)
https://pxhere.com/ja/photo/778250 (図1)
http://japantorg.sakura.ne.jp/sblo_files/jtj/image/A5DDA5D7A5E9.JPG (図2)

執筆者:株式会社光響  緒方

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目