レーザー砲を搭載するドローンで高圧線の異物を除去

投稿者:

包頭蜂巣航空科技有限公司の最新ドローン「HC-330」。下のカメラに見える装置が「レーザー砲」

無人機の「レーザー砲」により高圧線の上を漂うモノを「撃墜」する。これはまるでSF映画でしか目にすることのないハイテクのようだ。長期的にドローン技術の難関突破と製造に取り組んできた包頭蜂巢航空科技有限公司は、国内初のレーザー障害除去ドローンの開発に関わっており、同社の製品がこのほど、中国南方電網で正式に使用開始された。科技日報が伝えた。レーダー誘導技術について、ドローン「HC-330」のミリ波シーカーは小型かつ軽量で、空間分解能が高いという特長を持つ。赤外線やレーダー、テレビなどの光学シーカーと比べると、ミリ波シーカーは霧・煙・塵などを貫く能力が高く、全天候・24時間の連続観察が可能となる。研究チームはミリ波レーダーによる正確な距離測定、高精度のスタビライザーにより照星の安定を維持した。60ミリ秒の超低遅延画像伝送リンクも、地上制御者の正確な操作を保証。風力4級以下の安定性と正確性を実現し、目指すところに正確にレーザーを照射し、除去できる。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目