建造物や地形等を高精度にカラー点群化、株式会社光響が 「バックパック型RGBカラー点群3Dマッピングライダー: (LiBackpack C50)」の販売を開始

投稿者:

  このたび株式会社光響(本社:京都府京都市、代表取締役:住村 和彦)は、建造物や地形を簡単に点群データ化できる「LiBackpack C50」の販売を開始致しました。
  本製品は、LiDAR及びSfM(Structure from Motion)技術を用いて、カラー点群を生成する三次元(3D)測定システムです。測定時は、バックパック又はハンドヘルド方式のいずれかを選べ、屋内・屋外を問わず、周囲のあらゆる地形を広範囲に高い精度でマッピングできます。建造物(有形文化財)の形状調査等での利用が見込まれます。
■製品及び取得画像(処理後の画像含む)のイメージ:

https://www.symphotony.com/wp-content/uploads/LiBackpack-C50-1.png

■特徴:

  • 高性能SLAM技術による三次元(3D)測定
  • 周囲のあらゆる物体を簡単にカラー点群化
  • 広範囲スキャニング
  • バックパック又はハンドヘルド両方で測定可能
  • 屋内・屋外の両方で使用可能
  • リアルタイムのデータ可視化

■用途:

  • 建造物(有形文化財等)形状調査
  • トンネル形状調査
  • 森林調査
  • 史跡調査
  • 地形測量

■URL:
https://www.symphotony.com/manufacturers/greenvalley/

■動画:
https://youtu.be/kLFw_DqEY78

  光響では、今後も光産業の活性化に貢献し、光技術による5大革命(情報革命・医療革命・食料革命・環境革命・エネルギー革命)の促進を支援して参ります。