弱いレーザー光の重ね合わせで加速効率を四倍以上に改善

投稿者:

    研究成果のポイント

  • 複数のレーザービームを1点に向けて同時照射することで、プラズマ表面に凹凸構造を作り出し、高効率のレーザー駆動粒子加速を実現。
  • レーザー光自身の干渉効果で凹凸構造が自己生成されるため、物質表面に微細で高度な凹凸加工を行う従来の手法に比べ、容易に応用開発に適用可能。
  • 汎用性の高い小型レーザーを複数結合することで、四倍以上の効率改善が見込まれ、レーザーを用いた加速器の小型化と低コスト化に繋がる新たな開発指針。
  • この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

    既存ユーザのログイン
       
    新規ユーザー登録
    *必須項目