659nm 赤色高出力レーザーダイオードの販売を開始

投稿者:

2019/10/07

ウシオ電機株式会社の100%子会社であるウシオオプトセミコンダクター株式会社(本社:東京都、代表取締役社長 伴野 裕明、以下 ウシオオプトセミコンダクター)は、波長659nmのバイオメディカル用赤色レーザーダイオード(LD)において、世界最高のCW光出力1.2Wを実現した「HL65213HD」を2019年10月より販売開始します。

659nmを含む波長660nm帯の高出力レーザーダイオードは、該当波長帯に吸収を持つ物質(メラニンやヘモグロビンなど)との光化学反応を高効率・短時間で達成出来るため、DNA検査や光線療法といった医療分野や、レーザー顕微鏡・ラマン分光等のライフサイエンス分野でのニーズが増えています。これらはワット(W)クラスの出力が求められるのに対し、この波長帯のLDはミリワット(mW)クラスのものが一般的であるため、現在はシステム1台につきLDを複数個搭載・モジュール化し、ファイバーを用いて結合することでワットクラスの出力を得ています。そのため、システムが大型化かつ高価となる課題があります。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目