(レーザー関連)SMC-Tunnelingシリーズ「きれい ni 発破」を現場にて初適用

投稿者:

2019年10月15日

三井住友建設株式会社(東京都中央区佃二丁目1番6号 社長 新井 英雄)は、トンネル発破作業における適正火薬量をリアルタイムに自動算定し、余掘りの低減や過装薬の防止を実現するSMC-Tunnelingシリーズ「きれい ni 発破」を実用化し、宮城県で施工中の三陸沿岸道路気仙沼1号トンネル工事に適用しました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目