(Lidar関連)自動運転車両運行プラットフォームと オンデマンド交通システムを連携させる実証実験を浜松市で実施

順風路株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:吉富 広三、以下「順風路」)は、順風路のオンデマンド交通システム「コンビニクル」と、SBドライブ株式会社(以下「SB ドライブ」)が提供する自動運転車両運行プラットフォーム「Dispatcher(ディスパッチャー)」を連携させて、2019年12月10日から23日までその有用性を検証します。この検証は、SB ドライブおよび浜松市、スズキ株式会社(以下「スズキ」)、遠州鉄道株式会社(以下「遠州鉄道」)が共同で浜松市にて実施する、自動運転バスの実用化を見据えたバスの予約システムの検証などを行う実証実験において実施するものです。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目