(Lidar関連)超広角・超近距離計測 3D-LiDAR “RS-Bpearl” を販売開始

-視野角 90 度×360 度、最短計測距離 5 ㎝でロボットの周辺・死角検出に-

株式会社 ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒、以下 ZMP)は、RoboSense 社(深圳市)が搬送ロボットや自動運転車両の死角をなくすために開発・量産化した超広角・超近距離計測 3D-LiDAR“RS-Bpearl”の販売を開始しました。半球型のデザインで柔軟でコンパクトな機械設計が可能となります。

最短計測距離 5 ㎝未満

市販 LiDAR の最短計測距離は 20~50 ㎝のものがほとんどですが、それでは周囲の障害物を完全に認識できているとは言えません。RS-Bpearl は、最短計測距離が 5 ㎝未満となるため、ロボットや車両のごく近傍の障害物を検出することができます。また、最大計測距離は 100m であり、狭い通路や交通量の多い場所で活躍するロボットや車両の周囲計測、障害物検出などに活用できます。

超広角半球視野角 90°× 360°

RS-Bpearl は、垂直視野角 90°、水平視野角 360°と超広角の計測が可能です。ロボットや車両などの移動体上部に取り付けることで、トンネルや暗渠の天井高や形状把握ができ、自動走行における判断力の向上、更なる安全確保が可能となります。

図1.RS-Bpearl によるトンネル内や道路走行中の通過車両の点群画像など

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目