可視から近赤外域までの広域波長のビーム測定に適したビームプロファイラを発売

  このたび株式会社光響(代表取締役 住村和彦、本社 京都府京都市)は、大口径・高出力レーザー光のビームプロファイルの測定・分析・評価を1台で行えるLaseView-LHBシリーズへ、新たに開発した「可視光〜近赤外域波長」対応の、異なる受光面寸法を持つLHB-VISNIR-GigE及びLHB-100-VISNIR-GigEの2製品を追加し、2021/1/29(金)より発売致します。
  新製品は、販売中の近赤外光モデルLHB-NIR-GigE及びLHB-100-NIR-GigEの2製品をベースに機能を改良した姉妹品の位置づけで、これまでよりも広い可視光~近赤外域のビーム測定・分析を一台の装置で行えます。又、センサー画素数*1及び光学分解能*2も改良し、高精度の安定した条件で、ビーム品質についての測定・分析・評価を行えます。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目