(レーザー関連)触れずに柔らかい果物の収穫時期がわかる方法を開発

プラズマ衝撃波を用いて果物表面を振動させマンゴーの硬さを測定

 芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人)工学部機械機能工学科 細矢直基教授らの研究グループが、北海道大学大学院 梶原逸朗教授との共同研究において、レーザー誘起プラズマ(Laser-Induced Plasma:LIP)で生成した衝撃波を用いて、柔らかい果物に触れず壊さず、商品価値を損なわせることなく、品質を評価するシステムを開発しました。LIP衝撃波で果物を振動させ、果皮にレイリー波を生成し、その波動伝播速度の変化を観察することで果物の硬さ(成熟度)評価を可能にしました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目