(レーザー関連)ワタミ、外食初の3D飛沫可視化システム導入

飛沫粒子や空気の流れを可視化、コロナ対策課題を明確化

 ワタミ株式会社(本社:東京都大田区、以下ワタミ)は新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて、風況シミュレーションやCAE設計解析などの技術サービスを手掛ける株式会社テックレボリューション(本社:京都府相楽郡精華町、以下テックレボリューション)が提供している「3D飛沫可視化システム」を導入しました。建物内の気流や換気率、建物内に浮遊する飛沫粒子の経路を可視化することで、屋内空間における感染症対策の課題を明確化します。ワタミの展開する焼肉店「かみむら牧場」京急蒲田第一京浜側道店で導入しました。「3D飛沫可視化システム」を導入したのは外食業界で初めてです。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目