(レーザー関連)フソウとブルーイノベーションが、上下水道インフラ向け3Dモデル化サービスのトライアルを8月23日より開始

2021年8月23日
株式会社フソウhttps://optinews.info/wp-admin/post.php?post=20798&action=edit#
ブルーイノベーション株式会社

 株式会社フソウ(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:角尚宣、以下 フソウ)とブルーイノベーション株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:熊田貴之、以下 ブルーイノベーション)は、都市デジタルツイン※1の中核である3D都市モデル※2整備に向け業務提携し、3Dスキャナおよびドローンによる上下水道インフラ向け3Dモデル化サービス(以下3Dモデル化サービス)のトライアル提供を8月23日より開始します。
 3Dモデル化サービスは、インフラ施設内部を設置型レーザー計測の3Dスキャナで点群データ化し、施設外部はドローンで撮影した画像からフォトグラメトリ※3で点群データ化することで、目視可能な上下水道インフラ施設すべてをありのままにデジタル化するものです。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目