(レーザー関連)【横河計測】光スペクトラムアナライザ「AQ6380」発売

~分散分光方式で業界最高性能、波長分解能5pmを実現~

2021年8月30日発表

 横河計測株式会社(本社:東京都八王子市 社長:山崎 正晴)は、光通信波長帯1200nm(ナノメートル、ナノは10億分の1)から1650nmにおいて、光スペクトルを高い波長分解能と広いダイナミックレンジで測定する研究、開発者向け光スペクトラムアナライザ「AQ6380」を開発、8月31日から販売しますのでお知らせします。「AQ6380」は、分散分光方式※1の光スペクトラムアナライザで業界初※2の波長分解能5pm(ピコメートル、1ピコは1兆分の1)を実現したベンチトップ型光スペクトラムアナライザです。
 光スペクトラムアナライザは、半導体レーザやファイバレーザなど光デバイスの光波長成分を分解し、波長特性を評価するために使用される測定器です。「AQ6380」は、拡大する大容量高速光通信ネットワークの需要拡大のための光デバイス、システムの研究、開発に貢献します。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目