(レーザー関連)細胞や生体組織構造とその中にある小分子の局在や輸送・代謝の 動態解析を容易とする新たなレーザー走査型顕微鏡を実用化

【ポイント】
以下の性能を有する新たなレーザー走査型顕微鏡を実用化しました。

  • 生体組織観察のための振幅変調機能と薬剤計測に特化した位相変調機能を両方搭載
  • 共焦点反射光学系を備えることで組織形態観察や蛍光観察等にも対応
  • レーザー装置1台で多様な分子に対応

細胞や生体組織構造とその中にある小分子の局在や輸送、代謝の動態解析を容易としました。

実用化したレーザー走査型顕微鏡は、生命科学などの学術研究分野だけでなく、医薬品や化粧品などの産業分野への応用が期待できます。
 
 東京農工大学大学院工学府の伊藤輝将特任准教授、同大学院工学研究院の三沢和彦教授らの研究グループは、独自に開発した位相変調型コヒーレント誘導ラマン散乱顕微鏡に、従来多く利用されてきた振幅変調型コヒーレント誘導ラマン散乱顕微鏡と共焦点顕微鏡を同じ装置に組み込むことにより、細胞や生体組織構造とその中にある小分子の局在や輸送、代謝の動態解析を容易とする新たなレーザー走査型顕微鏡を実用化しました。生命科学分野などの学術研究分野や医薬品や化粧品開発などの産業分野に大きく貢献することが期待されます。
 本顕微鏡装置を活用した測定例は、Optica Publishing Groupの国際学術誌Biomedical Optics Expressに2021年10月1日に掲載されました。また、同論文はOptica Publishing Groupが選ぶ注目論文Spotlight on Opticsに選出されました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目