(レーザー関連)金属が破壊する瞬間に出現する不思議な原子配列を発見

令和3年10月27日
大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構

  • 金属銅の破壊に伴う原子構造の変化を、放射光を用いてナノ秒(10億分の1秒)の時間分解能で計測
  • 2つの分析法を併用することにより、破壊の瞬間の精密な原子構造がわかった
  • 破壊する瞬間に、「近接する原子間の構造は大きく乱れているのに、数100個の原子列全体では結晶の特定方位での配列が揃っている」という不思議な原子配列状態が出現することを発見。破壊メカニズムの理解と制御に重要な知見
  • この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

    既存ユーザのログイン
       
    新規ユーザー登録
    *必須項目